枕飾りの方法

枕飾りの方法

ご家族に不幸がおきた場合、仏式では神棚に半紙をはり仏壇の扉を閉め、神式のお宅では、神棚を閉じて扉に白紙をはります。 お通夜の準備が整うまでにも、知らせを聞いて駆けつけてくる弔問客がいますので、仮の祭壇を用意しておく必要があります。こうした、お通夜がはじまるまでに駆けつけてくれる弔問客のために用意する仮の祭壇のことを「枕飾りと呼んでいます。 また、枕飾りの祭壇ができた後に僧侶に枕経を読んでもらうことを「枕づとめ」と言います。枕づとめとは、死者に成仏してもらうためにあげるお経のことですが、最近では、通夜の読経の時にあわせて枕づとめも行ってしまうケースが増えているようです。

●仏式の枕飾り
遺体の枕元には、白木や白い布をかけた台を用意します。その上に、燭台や香炉、花瓶を飾ります。この3つを「三具足(みつぐそく)」と呼びます。地域によっては3つではなく、7具足、8具足などを飾る場合もあります。 香炉には正式にはお線香を6本立てますが、略して1本だけでもいいでしょう。燭台には蝋燭を立てます。花瓶にはしきみを1本さします。しきみがない場合は、菊か百合、水仙でもよいでしょう。その他には仏壇の鈴、湯飲み茶碗かコップに入れた水、一膳飯、枕団子を用意します。ただし、浄土真宗の場合、鈴、水、枕飯は飾らないのが一般的です。

●神式の枕飾り
「八足机」と呼ばれる神式の儀式に使う机を用意します。なければ小さめの机に白い布をかぶせたものを代用してもいいでしょう。その上に三方を置き、「水」「洗米」「塩」「お神酒」「榊」などを供えます。他には、普段の食事に準じた物や、故人の好物であれば肉や魚などをお供えしてもかまいません。枕飾りをできたら神宮を招き「枕直しの儀」を行います。ただし、最近では身内だけで拝礼する程度になってきています。

●枕飾りを置く位置
枕飾りは、安置した遺体の枕元に置くことから「枕飾り」と呼ぶようになりました。ただし、遺体の右横に置くこともありますし、部屋のつくりや広さによっては、遺体の足元になってしまうこともありますが、特に間違いではありません。 ちなみに、遺体は通常北枕にして安置します。 これはお釈迦さまの涅槃の姿に傲ったものだと言う説があります。迷いや執着を断ち切り、苦、束縛、輪廻の一切から解放された最高の境地のことが「涅槃」となりますが、この涅槃に入った時、お釈迦さまは右脇を下にして「頭北面西」の寝姿になっていたことから、北枕に安置するようになったようです。 浄土真宗の祖・親鸞が亡くなった時も、「頭北面西(ずほくめんせい)」の姿になったと言います。また、西方浄土に向かって安置するという意味から西枕でもいいと言われています。ですので、部屋の都合で北枕にできない時には、西枕にするか仏壇に頭を向けるようにすればいいでしょう。