納棺と宗教

納棺と宗教

人が亡くなると必ず「納棺」という儀式を行います。

ご遺体を棺に納めるということですが、棺に納めるにも宗教によって方法は様々です。

今回は、仏教式とキリスト教式でどのように違うのか、一般的なもので比べてみました。

●仏教式 
臨終後直ぐに末期の水(ご遺体の口元を水で軽く湿らせる)が行われます。
次に湯灌(ご遺体の身体をお湯やアルコールを含ませたガーゼで丁寧にふく)・死化粧(薄くお化粧をし、髪を整え、髭を剃る・脱脂綿を含ませてお顔を整える)・死装束(白い着物に着替える)を行います。
棺の底に白い布団などを敷き、ご遺体を棺に納めます。故人の愛用品などを棺に納めることが出来ます。

●キリスト教式(プロテスタント) 
臨終後はご遺体を清めてから死化粧をして、生前愛用していた洋服などに着替えさせます。
納棺をする際は、祈りを捧げるため牧師に立ち合ってもらいます。
棺にご遺体を納めたら、白い布で覆い、ご遺体の周りを白い花で埋め尽くします。
棺を閉じたら、今度は黒い布で棺を覆い安置します。
棺の枕元に白又は黒の布で覆った机を用意し、十字架や蝋燭や遺影を飾り祭壇とします。
皆で讃美歌を合唱し、牧師によって聖書が朗読されます。
納棺の辞が述べられたら、全員で讃美歌を合唱し、祈りを捧げて納棺終了となります。

●キリスト教式(カトリック) 
臨終後はご遺体を清めし化粧をし、着替えを済ませます。
納棺をする際は神父に立ち合ってもらいます。
故人の手を胸の辺りで組ませ、生前愛用していた十字架やロザリオを持たせます。
ご遺体の周りを皆で囲み、お祈りをし、聖書を朗読してから聖歌を合唱します。 
同じキリスト教式でも、カトリックとプロテスタントでは言葉や儀式の方法が少し異なるのですね。