納棺の際の心得

納棺の際の心得

納棺とは、葬儀の前にご遺体を清め、棺に納めることです。

身支度を整えて、旅立つための準備をしてあげるのです。
納棺は葬儀会社の方が行ってくれますが、ご遺族も故人のためにしてあげることが出来る最期の時間なので、お手伝いすることはとても良い事だと思います。

さて、納棺の際には何を行うのか見ていきましょう。
まずはご遺体の身体を清めます。このことを「湯灌(ゆかん)」と言います。
タオルを使って身体を綺麗に拭いていきます。
髪の毛はドライシャンプーで清潔に保ち、セットします。
男性の方はひげもきちんと整えます。
次に「死化粧(しにげしょう)」を行います。

言葉の通り、女性は薄くお化粧をします。

また病気などで生前のお顔と変わってしまっている場合は、脱脂綿を口に含ませるなどして顔だちを整えます。
そして死装束に着替えます。
死装束とは、白色の着物で左前に合わせて着ます。
昔は、この白い着物を着せて、脚絆(長く歩く際に足を保護する)・手甲(手を守るため)をつけ、足袋やわらじなど履かせたり、その他の装飾品として杖や数珠を持たせたりしていました。

また三途の川の渡し賃として、六文銭も持たせていたそうですよ。
現在では、白色の着物ではなく、故人が生前愛用していた洋服や着物などにする方もいらっしゃるようです。
湯灌・死化粧・死装束が整いましたら、ご遺体を棺に納めます。

次に故人の愛用品や、思い出の品なども納めます。
ここで気を付けなければならないことは、何を納めても良いわけではないということです。

燃えない物・爆発する恐れがある物などは入れてはいけません。
また、燃えにくいものも火葬に時間がかかってしまったり、f完全燃焼を起こす場合があるので避けたほうが良いでしょう。

その辺りを考慮して、納めるものを選んでください。

最後に棺の蓋を閉じて納棺が終わります。