葬儀までの供養の仕方

葬儀までの供養の仕方

大切な方がなくなって、一番最初に行われるのが「末期の水」です。

末期の水とは、ご遺体の口元を水で湿らせてあげるのことです。
まず箸や筆に脱脂綿やガーゼを巻いて固定します。
それに水を含ませて、故人の口元を軽く湿らせます。

この儀式は、あの世に行ってものどの渇きで苦しまないようにという願いで行うものなのです。

次に「湯灌」「死化粧」「死装束」を行います。
湯灌とは、ご遺体の身体を綺麗にすることです。
お湯やアルコールを含ませたガーゼで、ご遺体の身体を丁寧に拭きます。
髪の毛はドライシャンプーで洗い、セットします。
男性の方は髭剃りも行います。
死化粧とは、文字通り薄く化粧を施します。

また病気で以前のお顔と変わってしまった方などには、口内に脱脂綿を含ませて膨らみをもたせるなどします。

死装束とは、ご遺体に白色の着物を着せ、手甲や脚絆を身に着けます。

現在では、白い着物ではなく、故人のお気に入りの洋服や着物を着せることも少なくないようです。

旅支度が整いましたら、ご遺体を安置場所へと移します。
安置場所に着いたご遺体は、敷布団などの上に白い敷布をかけそこへ安置し、お顔には白い布を被せます。

次に枕飾りの準備です。
枕飾りは、葬儀の前に訪れた弔問客をお迎えするためのものと理解して良いでしょう。

まずご遺体の枕元に台を用意し、白い布を被せます。

その上に、「三具足(みつぐそく)」燭台・香炉・花瓶を置きます。
蝋燭や線香の火は絶やさないようにしましょう。

その他にも、湯飲み茶碗や一膳飯・枕団子なども飾ります。
一膳飯は故人が愛用していた茶碗に山盛りのごはんを装い、真ん中に箸を立てておきます。

これらの準備は葬儀会社が行ってくれるところが多いので、確認してみると良いと思います。