遺骨までに必要な手続き

遺骨までに必要な手続き

死亡を診断されてから、火葬して遺骨となるまでには様々な手続きがあります。

大切な方を亡くして気が動転しているところで、色々な手続きを行っていかなければなりません。
そう何度も経験するわけではないので、この手続きをスムーズに行える方は少ないのではないでしょうか。

いざという時慌てないために、どんなことをする必要があるのか見ていきましょう。

まず医師が死亡を確認すると、「死亡診断書」が発行されるので受け取ってください。

次に死亡届を提出します。
死亡届は、死亡した場所・死亡者の本籍地・届出人の所在地のいずれかの市区町村役場に提出します。

届出人とは死亡届に署名・押印する人のことで、届出人になれるのは親族又は同居者になります。

死亡届を提出する際に、医師が発行した死亡診断書が必要となるのでご注意ください。
この死亡届は、死亡を知った日から7日以内に死亡届は提出しなくてはなりません。ちなみに、国外で亡くくなった場合は、3ヶ月以内となります。

大体はその前に葬儀や火葬をするので、死亡届の手続きは速やかに行った方がいいですね。

届出の受付は365日24時間受け付けてくれるところがほとんどですが、中には守衛さんのいない出張所があるので、その場合は業務時間内のみの受付になるので、事前に確認してから行った方がいいでしょう。

死亡届が受理されると「火葬許可証」が発行されます。
これがないと火葬できないので、必ず受け取り、なくさないようにしてください。
ここまでが遺骨となるまでの火葬の手続きとなります。

他にも手続きが沢山あるので、ごちゃごちゃになってしまったり、書類を紛失したりしないよう整理をしておくといいかもしれませんね。