葬儀全体の流れ

葬儀全体の流れ

一般的な葬儀(仏式)全体の流れについてご説明します。 【ご逝去当日の流れ】
1. 危篤・ご逝去
2. お迎え(搬送)
3. ご安置
4. お打合せ

◎危篤・ご逝去
・危篤を告げられたら、まずは近親者へ連絡を入れましょう。 ・ご逝去のご連絡は三親等までの親族が目安となります。 連絡の際には、以下の3点を検討しておいた方がいいでしょう。
(1) 喪主
(2) 葬儀の形式、規模、予算
(3) 葬儀業者の連絡先 ・死亡診断書の内容を確認しておきます。 ・次に、葬儀業者へ連絡を入れます。
・葬儀業者が寝台車で病院や施設などへお迎えに行きます。

◎お迎え(搬送)
・ご自宅へ安置される場合、業者やお布団の準備をします。マンションなどの集合住宅の場合、ご自宅にエレベーターがあるかないかも伝えておくといいでしょう。
・ご自宅へのアンチが難しい場合は、業者にその旨を伝えればご安置できる施設をご紹介してくれます。

◎ご安置
・ご自宅や斎場などへ、業者が遺体をご安置します。

◎業者との打合せ
・葬儀の日程や式場などの場所を決めます。
・葬儀は仏式なのか神式、友人葬などにするのかを決めます。
・ご会葬者数の予測をします。
【葬儀当日】
1. 納棺
2. 通夜
3. 告別式
4. 火葬(荼毘)
5. 精進落とし・初七日法要
6. ご自宅へ

◎納棺
・亡くなられた故人の旅仕度をします。
・故人の愛用品などを棺の中に納めます。
・ご希望により、業者に湯灌やラストメイクをお願いする。

◎通夜
・ご会葬者受付
・導師読経
・ご焼香
・通夜振る舞い

◎告別式
・ご会葬者受付
・導師読経
・ご焼香
・会葬御礼のご挨拶
・ご出棺

◎火葬(荼毘)
・血縁の深い方より順番に橋渡しの儀を行います。
・ご拾骨します。

◎精進落とし
・初七日法要
・初七日の法要を繰り上げて執り行います。
・精進落としでは、ご挨拶・献杯の発声をする。

◎ご自宅へ
・ご遺骨、お写真、お位牌をご安置します。
・ご自宅へお供えする生花や返礼品の予備なども持ち帰ります。 尚、一般的には、忌明けとなる49日の法要を境に納骨します。ただし、地域の風習や宗派などにより、納骨をする日は異なりますので、事前に確認しておいた方がいいでしょう。