喪主と施主の違いとは

喪主と施主の違いとは

喪主と施主。
この違いを正しくお伝えするために、
はい。先ずは広辞苑でしょ。

「喪主は葬式を執行する当主」
「施主が法事または葬式などを行う当主」

はい?なんですって?
これでは少々腑に落ちません。

では、葬儀屋さんに聞いてみましょう。

「喪主は遺族を代表して葬儀を執り行い、参列者や弔問客を迎える方」
「施主は、葬儀に関する金銭的な責任を負い運営全般を見守る方」

はい、腑に落ちましたね。
つまり、喪主が葬儀の執行責任者、施主が葬儀の運営責任者!と言うことになります。
一般的には、喪主と施主は同じ方が務める場合が多いようです。

逆に、喪主と施主が違うケースにはどの様なものがあるでしょうか?

・社葬
社葬では喪主は故人の配偶者、施主は会社になるのが一般的です。

・娘婿が家業の跡取りとなっている場合
喪主を配偶者が務めて施主を娘婿が務め、取引先などへの対応にあたることもあります。

・喪主が未成年の場合
故人に配偶者がなく、喪主を未青年の長男が務める場合などでは、親族が施主を務めることがあります。

・跡取りのお披露目
いわゆる祭祀承継者を内外に明らかにする為に、配偶者が施主にまわるケースです。長男ではなく次男が跡取りの場合など。

喪主と施主が違う場合には、葬儀社との打ち合わせには必ず双方が同席します。
施主は、故人の希望、喪主の意思を確認し、具体的な葬儀の内容を決定します。
喪主はこれに沿って葬儀全般の執行の責任を負うことになります。
現代では、喪主と施主をこの様に定義するのが一般的ですし、また理解し易いと思います。

特別、喪主と施主とを分ける必要がない場合には、およそ次のような順序で喪主を決めます。

・配偶者がいる場合は配偶者
・配偶者がない場合は長男
・長男が務められない場合は次男三男
・男子がいなければ長女
・長女が務められない場合は次女三女
・家族がない場合は親族
・身寄りがない場合は葬儀社が代行することも

と、およそこの様になります。
また、後々トラブルにならないように、喪主を決める際には家族だけでなく、身近な親族も同席いただいて決めるようにするのが望ましいでしょう。