葬儀の後、すぐする事

葬儀の後、すぐする事

葬儀まではもちろんバタバタとやるべきことが多く忙しいのは当然ではありますが、遺族には葬儀のあともやらなければいけないことがあります。ここでは通例として葬儀のあとすぐにすべき事柄を確認し、故人と関係者に不義理や無礼のないようにしておきましょう。
葬儀が終わり緊張から介抱されて疲れきっているところですが、まずは後々の金銭トラブルを回避するため出来るだけ迅速に受付窓口をしていただいた世話役の人から会葬帳と香典帳と香典を渡してもらいます。上京にもよりますがうけとったら、遺族・世話人の立会いの下できるだけその場で香典帳と香典の現金を対照させて内容の確認をしましょう。せっかく手伝っていただいたのに無用なトラブルが後日起きてはいけないのですぐに確認をすることをお勧めします。
香典帳と香典を渡してもらうのと同じタイミングで弔辞・弔電・受付などで経費としてにかかったものの領収書も渡してもらっておくと良いでしょう。