最近の納骨事情

葬儀

埋骨先が決まっていない遺族の方も沢山いらっしゃいます。法律上では自宅にご遺骨を安置するのに時間制限はありません。そのため、ご家族で話し合って埋骨先を決める時間的猶予がありますのでゆっくり吟味して決めていけばよいでしょう。
お墓は、どこにするかによって、またその場所に埋骨するための費用をどうするか、管理を誰が行うかなど話し合うと次々に問題がでてきます。それぞれの希望を聞いたうえで、埋骨場所を決定していくことになります。人気の高い霊園などは高価ですので、それなりの出費になりますし、後日お墓参りがし辛いと足が遠のきますし適した場所を選ぶ必要があるので慎重に決定することが大切ですね。
また、事情により自宅に安置できない場合には各寺院や納骨堂で一時的に預かってくれる場所もあるので確認してみると良いでしょう。
亡くなってから、葬儀まではばたばたと早く行うことが要求されますので、葬儀後は一呼吸をおき、故人をご家族だけで偲ぶことできますね。
なお、埋骨をするには、火葬場から頂く埋葬許可書が必要です。ほとんどの火葬場では紛失防止の為、骨壷の桐箱にいれてあります。