寺院等埋葬場所への連絡

寺院等埋葬場所への連絡

葬儀について葬儀社との打ち合わせも進んでいくなかで、葬儀後にご遺骨を納める場所を決める必要が出てきます。菩提寺があったり、檀家になられていたり、特定の宗教に入っている場合などして、葬儀に宗教者を呼んで来ていただく等する場合は、葬儀社との打ち合わせが終わり、具体的に日時場所等必要な事項が決まった段階で連絡をすることになりましょうから、その際に納骨や今後の法要の予定についても説明を受ければよいでしょう。
また、埋骨を行うまでは一般的に自宅にてお骨の供養することになりますので、落ち着いた段取りができるといえます。
埋骨を行う時期は宗派によって異なりますが、49日の忌明けまでに行う場合が多く、49日の法要の後に納骨もしてしまうというのが近年ポピュラーになってききています。神式も同様で50日祭の忌明けに行う場合が多く、キリスト教では7日目の追悼ミサの日もしくは、翌月の記念日に行うことが多いかと思われます。