葬儀・告別式の流れについて

葬儀・告別式の流れについて

葬儀告別式の準備が終わりましたら、いよいよ受付を開始して僧職や来賓を迎え開式します。読経が行われ、僧職が焼香した後に弔辞・弔電の読み上げが行われ、お別れの挨拶などを経て一般参列者の焼香となります。これが終わった後、葬儀告別式は閉会となりますが、一般的にはこのあと故人との最後のお別れとして供花を切り取り、棺にいれます。遺族全員が生花を入れ、棺に蓋が閉められたら出棺となります。
ここまで、仏式の葬儀・告別式のおおまかな流れを説明してまいりました。
次に、神式、キリスト教式の葬儀・告別式の流れを簡単に説明してまいります。
神式では、神葬祭と呼ばれ、神職が参列者と斎場を塩湯等用いて払い清める儀式からはじまります。その後神職が祖先の霊に供え物をして、祭詞を奏上します。参列者は神職から玉串をうけとり、ささげ、二拝二拍手一拝を行うとされます。なお、このときの拍手は忍び手といい音を立てずに行うのがルールとされます。
キリスト教式のうちカトリックでは、教会において葬式ミサという形で行われることが通常とされます。定例の礼拝のために行われるミサとの違いは、聖書の朗読、聖歌、祈り、説教などの内容について、死に関する葬儀にふさわしいものを選んで行われるということが多いようです。原則的には、故人が行う最後の礼拝という位置づけとされるので、本来のミサと同じ順で行われているようです。また、プロテスタントでは、日中に葬儀・埋葬を行うことが欧米で一般的なのに注意が必要です。