仏教以外の通夜

仏教以外の通夜

日本では、仏教式で通夜を行うことがとても多いですが
中には、「キリスト教式」で葬儀を行う方もいらっしゃいます。

キリスト教式では「通夜」という言葉使用しません。
・カトリックでは「通夜の祈り」
・プロテスタントでは「前夜式」
と言います。

キリスト教式では焼香がないので、お悔やみの際に持っていくのは御香典ではなく、「御霊前」や「御花料」となります。

同じキリスト教式でも、カトリックとプロテスタントとでは
通夜の進め方が少し異なります。

・カトリックでは、ご遺体を安置した祭壇の周りに、十字架や蝋燭や生花を飾ります。
その後参列者は着席し、神父による聖書の朗読が行われ、聖歌を斉唱します。
最後に参列者全員で献花が行われ終了となります。

・プロテスタントでは、カトリックと同様ご遺体を安置した祭壇に十字架などを飾ります。
牧師による聖書の朗読が行われ、讃美歌を斉唱します。
最後に参列者全員で献花が行われ終了となります。

振る舞い・接待についても、仏教の葬儀とは少し異なります。
キリスト教式では仏教式とは異なり、通夜振る舞いではお酒は出ません。