通夜の詳細

通夜の詳細

通夜とは、故人と近しい者たちが一晩中棺に寄り添い、邪霊の進入を防ぐ目的があったようです。

今も地域によって異なりますが、遺族や親族などが集まり、故人との思い出を静かに語る場となっています。
また、葬儀のように通夜も1~2時間程度の式が行われます。通夜は遺族や親近者など故人と深く親交のあった方が参列し冥福を祈る場ですが、事情があって葬儀や告別式に参列出来ない方が最期のお別れをする場ともなっています。

式の30分前より受付を開始します。
参列者は速やかに着席し、僧侶が入場するのを待ちます。
開始と同時に僧侶が入場し、読経が行われます。
遺族・親族・参列者の順で、故人に近しいものから焼香していき、焼香が終わると僧侶が退場します。

この後、故人への供養とともに弔問客へのお礼として通夜振る舞いを行うこともあります。
料理やお酒を供する場合やお茶だけを供するなど、地域によって振る舞い方はさまざまです。