通夜の流れについて

通夜の流れについて

ご遺体を安置した後、葬儀・告別式よりも前にまず行われるのが通夜の儀式です。
近年では死亡日当日ではなく葬儀の前夜に行うのが一般的で、仏教だけでなく、神道やキリスト教においても通夜は行われますが、ここでは、仏式を中心に一般的な知識と流れを説明してまいります。
通夜とは、本来故人と近い親族が一緒に火を焚きながら見張って夜を過ごし、悪霊が入ってくるのを防ぐといった目的で行われてきている慣習です。
その名残で、現代においても遺族や親族、特に親しかった人が集まって悲しみお別れをする儀式とされています。もっとも、告別式に出られないなどの事情がある場合、通夜に弔問しても特に問題はありません。
一般的に仏式では、午後6時ごろからの開式とし、開会のため喪主が挨拶をした後、招いておいた僧職に読経をしてもらい、閉会します。もっとも司会進行は葬儀社のスタッフが勤めます。その後、通夜ぶるまいをして、遺族・親族は夜とぎに入るといった流れが一般的でした。