音楽葬で使われることの多い楽曲。

音楽葬で使われることの多い楽曲。

音楽葬とは、葬儀の進行に合わせて、故人や遺族が選択した楽曲が流される形態の葬儀をいいます。最近では無宗派の人々や、若者の間で密かなブームとなっており、自分の葬儀の 際には形式ばった葬儀ではなくて音楽葬にして欲しいという声も多く聞くようになりました。ところで、音楽葬においてよく奏でられる楽曲とは何でしょうか。
この点について、音楽葬にはルールはありませんから、それこそ千差万別の選曲がなされます。敢えて言うならば、クラシック音楽を 選ぶ方が多く、故人の思い入れのある静かな曲が好まれる傾向にあります。勿論、ポップスを選曲する方々もおり、例えば「千の風になって」や「さくら 」等の楽曲を選ぶ方も多いようです。自分の好きな楽曲で、音楽葬を行ってみるのも良いかもしれません。
音楽葬と故人の生涯の紹介
葬儀では必ず行われるものとしては、故人の生涯の紹介といういものがあります。
どういった人生を歩んできたのかを葬儀の中で紹介するわけです。なかなか難しい事ではあるかもしれませんが葬儀の中では非常に大切な事であると認識していただければと思います。
そこで故人の生涯の紹介ですが、音楽葬の時にはバックに音楽をかけることになります。
音楽葬の大きな特徴にもなるわけですので、注意をして対応しなければいけません。その音楽葬というものの故人の生涯の紹介ですが、バックにかかる音楽はやさしいイメージの曲がよろしいです。
あと音量は落としていただく方がよろしいです。声が聞こえなければ意味がありません。その音楽葬の故人の生涯の紹介の時にかける音楽ですが、クラシックでしたらノクターンが多いようです。
またポピュラーな曲でしたら、川の流れのようにがあります。
音楽葬では選挙区も大事ですので、どれが良いのかをしっかりと決定してください。葬儀について