任意売却の手続きの流れについて

任意売却の手続きの流れについて

人はいろいろな事情に住んでいる住宅を処分することがありますが、住宅ローンを支払えなくなったために住宅を処分する人もいます。

このような場合は通常の処分方法ではなく、任意売却の方法で処分することになります。

任意売却とは住宅を担保に取っている債権者と所有者で協議をして裁判所の関与なしで処分する方法のことを言います。

そして任意売却の手続きの流れはまず住宅を担保に取っている債権者との話し合いから始めます。なぜなら任意売却によって処分するためには住宅に設定されている担保を解除してもらう必要があるからです。

次に債権者との話し合いがまとまったら、住宅を買い受けてくれる人を探すことになります。住宅を買い受ける人は普通の売買手続きの形で買い受けることになるので特に変わった手続きは必要ありません。売買契約をして手付金を支払い、後に残代金を支払うという流れです。

そして最後に残代金支払いの決済をして任意売却をするために債権者と話し合った条件の額を売却代金から支払うのと引き換えに担保をすべて解除して買受人に売却をして手続きが完了となります。 競売と任意売却の違いとは

住宅ローンを払うことができなくなってしまった時にそれを解決する方法としては、大きなカテゴリーで分けると2つになります。

ひとつ目は競売でもうひとつが任意売却となります。一般的にローンの返済が半年滞ってしまうと住んでいた家は競売に入る準備段階になると言われています。
そしてその日から4ヶ月から半年ほどで競売にかけられることになります。もう一つの方法である任意売却は、不動産業者などの仲介によって物件を買いたい人を見つける作業となります。

そして買い手が見つかったらその代金がローンの返済に回されるという流れになります。競売と任意売却と比べると一般的には任意売却の方が高い値段で住んでいた家を売ることが出来ると言われています。ですから少しでもローンの返済に当てたいという方は任意売却を選択したほうがメリットが大きいのではないでしょうか。

注意したいのは競売が始まってしまう前に、なるべく早く任意売却の手続きを取らなければならないということです。任意売却を得意としている専門業者の方にできるだけ迅速にお願いすることが重要と言えます。