競売よりもメリットのある任意売却

競売よりもメリットのある任意売却

せっかく建てたマイホームを手放すことになることほど、辛いことはないでしょう。ただローンが返済できないのであれば自宅を手放さないといけませんし、お金を借りている以上それは受け入れるしかありません。もっとも自宅を売ることになったとしても、できるだけ高い値段で売却できればそれに越したことはありません。

ですからローンがまだ残っている自宅を売却する際には、競売でなく任意売却の手続きをしたいものです。任意売却は銀行の同意が前提になりますので、その手続の申請を銀行に対して行います。この時はやはり素人こういった申請を含めた手続きに関わることは負担が大きいです。だからこそ、任意売却の手続きを代行してくれる専門業者に任せるのが懸命でしょう。できるだけ高い値段で自宅を売却するためのノウハウを任意売却専門業者は持っているのです。

競売よりもメリットのある任意売却をすることで、債務の額もより減額させることができます。

任意売却は債権者との交渉も大切

そのままでいると競売になってしまうことが明らかな状況では、任意売却によって少しでも高く不動産を売却し、できるだけ残債を減らしておこうと考えるのは当たり前の考え方です。

しかし、全てのケースで任意売却が可能かといえば全くそうではなく、大前提として債権者の同意が必要なことを忘れてはなりません。
債権者は競売によって換価しようとしているのですから、任意売却の方が債権者にとってメリットがあることを、何としてでも納得させないと任意売却というのはスタートできないのです。

任意売却の費用は債権者が負担することになるので、負担費用と競売との売却金額の差や、時間的な猶予を考慮して債権者は判断して行きます。 また、任意売却による売却は必ず成功するとは限らないのに対して、競売の場合には、入札者がいないと特別売却や金額は下げて再入札となり、最終的に落札される見込みがありますので、任意売却に応じない債権者も中には存在するでしょう。

債権者を任意売却に向かわせる交渉も任意売却業者のテクニックの1つです。